【随時更新】ハワイの新型コロナ最新情報・ワクチンパスポート・渡航規制

ハワイの個人旅行と予約・手配ガイド

Travel

※写真・画像の無断使用・転載は禁止です

ハワイ旅行の計画は、まずは便利なパックツアーで行くか、個人旅行で行くかを選びましょう。 パックツアーなら航空券、ホテル、送迎がセットになっているので、日数・航空会社・ホテルで絞りこみます。 現地での移動にレンタカーが必要なら予約しておきましょう。 個人旅行は航空券・ホテルを自分で手配、レンタカーもあると行動範囲が広がります。

ハワイ行き国際線航空券

個人旅行で格安航空券を探す場合、航空会社のウェブオンライン予約、航空会社の電話予約、旅行会社の窓口、旅行会社のオンライン予約などチケットの予約購入方法はさまざま。

最も手数料がかからないのは航空会社のオンライン予約。旅行会社によってはまだまだ格安料金のチケットを販売していることもあるのでチェックしてみましょう!

ハワイ線を運航する航空会社

新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、運航路線や運航日が変更となっています。こちらの「日本=ハワイ路線の運航一覧」をご覧ください。

※下記表の△は運休中

航空会社成田羽田中部関西福岡札幌備考
JAL 日本航空 (JL)
JAL 日本航空 (JL) - ハワイ島コナ直行便
ANA 全日空 (NH)ユナイテッドとコードシェア
ハワイアン航空 (HA)札幌発着は水金日
ハワイアン航空 (HA) - ハワイ島コナ直行便
デルタ航空 (DL)福岡発は2019年5月8日で運休
ユナイテッド航空 (UA)ANAとコードシェア
大韓航空(KL〉
エアアジアX(D7〉LCC,2017年6月28日から運航

» フライト・便名一覧から探す

ハワイ諸島の国内線

ハワイ諸島間の国内線(インターアイランド路線)は、主にハワイアン航空とサウスウエスト航空、モクレレ航空が運航している。アロハ航空は2008年3月で撤退、go!は2014年3月で撤退、アイランドエアーは2017年11月で運航終了、オハナ バイ ハワイアンは2021年5月にサービス終了を発表。

空港ガイド

ハワイ諸島間の移動は飛行機が一般的。 それぞれの島の主要空港をチェック。

離島へのアクセス

旅程に余裕があるならオアフ島以外の島へも行ってみよう。 どの島へもホノルルから30~45分程度でアクセスできるので日帰り観光も可能。

ホノルル空港からの乗り継ぎ路線(直行便のみ)

日本から国際線が到着するホノルル空港から他の島への直行便を運航する航空会社はこちら。

行先の島ハワイ島マウイ島カウアイ島ラナイ島モロカイ島
行先の空港コナヒロカフルイカパルアリフエラナイホオレフアカラウパパ
ハワイアン航空
サウスウエスト航空
モクレレ航空

ハワイアン航空、オハナ・バイ・ハワイアンの運航終了
サウスウエスト航空は2019年4月28日にハワイ諸島内の国内線参入
アイランドエアーは2017年11月10日をもって運航終了
go!エアラインは2014年3月31日をもって運航終了

交通機関・移動手段

ハワイでの移動手段を考えよう!思い切ってレンタカー?それともバス&トロリーでのんびり?ツアーで島内を効率良く観光?個人旅行で離島へ行くならレンタカーは必須と言える。予定が決まっているなら日本で予約して行こう! 路線バス網が発達しているオアフ島ならバスの旅ができる。

準備&検討したい便利なサービス

ハワイ旅行をもっと調べる

ページの先頭へ