ワイキキ水族館が8月20日から再び営業休止、ホノルル市の行動制限強化で

[最終更新日:2020年08月21日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

ワイキキ水族館
ワイキキ水族館

オアフ島ホノルルのワイキキ水族館は、2020年8月20日(木)から営業を一時休止した。

段階的な経済・屋外活動を緩和を受けて6月29日に営業を再開していたが、陽性者数増加によりホノルル市が再び規制を強化したための措置。

水族館では引き続き、オンラインでの水族館体験ができるオンラインコンテンツを提供。動画配信でのライブイベントやライブカメラのリアルタイム映像を公開している。

ハワイではワイキキ水族館が所在するオアフ島で連日、多くの陽性者数が報告されている。オアフ島では8月20日から6人以上での行動を禁止する “Act Now Honolulu – No Social Gatherings” を実施。

現在、オアフ島で営業が禁止されているのはバー等の一部ビジネスのみとなっている。ワイキキ水族館では感染拡大防止のため自主的に営業を一時休止したとみられるが、公式SNSでは財政状況が厳しいことを明かしている。

公式ページ:Waikīkī Aquarium

タグ: , , , , | 2020年8月21日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ