ハワイアン航空も変更手数料を廃止、国際線も対象

[最終更新日:2020年09月04日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

9/14追記:ハワイアン航空、10月から成田=ホノルル線のみ週1便で再開

ハワイアン航空
ハワイアン航空

ハワイ州ホノルルを拠点とするハワイアン航空(HA)は、航空券の変更手数料を廃止することを発表した。

対象はハワイ=米本土路線、国際線、ハワイ諸島内の国内線(インターアイランド)で、2020年9月3日(水)から即日実施。マイルでの特典航空券も対象となる。

座席クラスでは、メインキャビン、エクストラコンフォート、ファースト・プレミアムキャビンはすべて対象。ハワイ=米本土路線のメインキャビン・ベーシックについては、COVID-19 の特別対応で年内が対象。

なお日本語の公式ウェブサイトによると、2020年12月31日(ハワイ時間)までの予約が対象で、チケット番号がハワイアン航空発行の「173」から始まる13ケタの航空券で、2020年3月1日~12月31日(ハワイ時間)に発券された航空券に限るとしている。

ハワイアンではこれまでも新型コロナウイルス感染症に関する特別対応を行っており、一部条件により変更手数料・運賃差額の免除、変更手数料のみ免除等の柔軟な変更オプションを提供していた。

アメリカの大手航空会社では変更手数料を廃止する動きが出ており、ユナイテッド航空、アメリカン航空、デルタ航空はすでにアメリカ国内線を中心に取りやめを発表している。

2020年9月4日現在、ハワイアン航空では羽田=ホノルル線、成田=ホノルル線、関西=ホノルル線、新千歳=ホノルル線、福岡=ホノルル線、羽田=ハワイ島コナ線に就航。現在はハワイ発9月30日、日本発10月1日まで運休を決めている。

アジア方面では貨物便として成田=ホノルル間、ソウル=ホノルル間、ソウル=ロサンゼルス間などを運航中。

公式リリース:Hawaiian Airlines Bids Aloha to Change Fees for All Flights
日本語公式:手数料無料で日程変更可能

※日本語ウェブサイトによる案内事項を追記しました

タグ: | 2020年9月4日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ