日本帰国・入国後の待機期間が10日間に、2022年1月15日から【変更あり】

[最終更新日:2022年01月15日]

※この記事は公開されてから3ヶ月が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

1/29最新:2022年1月29日から7日間に短縮されます
外務省:水際対策に係る新たな措置について

羽田空港
羽田空港

日本政府は14日、新型コロナウイルス感染症の水際対策について、帰国者・入国者の待機期間を従来の14日間から10日間に短縮することを発表した。

2022年1月15日午前0時(日本時間)から10日間に変更されており、すでに入国済みの人にも適用される。オミクロン株の特性を踏まえ、濃厚接触時の待機期間短縮に合わせた措置となる。

ただし、オミクロン株以外の変異株での感染が支配的となっている国・地域は、14日間に変更するとしている(現時点では指定国・地域なし)。

水際対策では、帰国した空港からの待機場所への移動に公共交通機関を利用を避けるよう強く求めているほか、待機期間中は位置情報の通知確認やビデオ通話なども実施。2021年1月13日からは、現地出発前72時間以内の検査を義務付けている。

2022年1月15日現在、日本ではハワイ州を「水際対策上特に対応すべき変異株に対する指定国・地域」に指定しており、入国/帰国後は6日間の宿泊施設待機が義務付けられている(10日間待機期間中の最初の6日間)。

外務省:新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置

タグ: , | 2022年1月15日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ