ジャルパック、海外ツアーを2021年11月出発まで中止

[最終更新日:2021年09月21日]

10/20最新:ジャルパック、ハワイツアーを 2022年1月10日まで中止

JALのB767-300ER
ハワイ島コナ空港

旅行会社のジャルパックは21日、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う海外ツアーの取り扱いを更新した。

ハワイを含む海外の全方面を対象に、2021年11月30日(火)出発まで催行中止とする。

海外e-ホテルについては、ハワイのホノルル(オアフ島)とコナ(ハワイ島)、グアム、北米のニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコ、東南アジアのバンコク、シンガポールを対象に販売を継続する。

航空会社のJALでは、羽田=ホノルル線を週2往復で継続するほか、10月からは成田=ホノルル線を週1往復で再開する。予定していた羽田=ホノルル線の増便は取りやめとなっている。

なお、2021年のJALホノルルマラソンは、12月12日(日)の開催が予定されている。

公式ページ:新型コロナウイルス感染症の影響に伴う海外募集型企画旅行の取り扱いについて(2021年9月21日更新)

タグ: , , | 2021年9月21日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ