ホノルルマラソン2020が12月開催断念、延期を検討

[最終更新日:2020年10月23日]

※この記事は公開されてから半年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

2021/1/20追記:ホノルルマラソン2020年の本大会は検討されていた延期開催も中止

ダイアモンドヘッド・ロード
コースのダイアモンドヘッド・ロード

2020年12月13日(日)の開催が予定されていた第48回ホノルルマラソンが開催を断念したことを発表した。

フルマラソンのほか、10Kラン&ウォーク、カラカウアメリーマイルなどの関連イベントについても12月には開催しない。

新型コロナウイルス感染症に流行に伴い、大会主催者ではホノルル市郡やハワイ州と協議を行ってきたが、開催日時点では多くの規制が残る見込みであることから大会を開催することは難しいと判断した。

今後は、2021年上期での延期開催を含めて、代替日を検討するとしている。延期も難しくなった場合、2021年12月の次回大会に振り替える予定。

すでに中止になった場合は、日本受付分もハワイ受付分もエントリーは次回大会に振り替えできる内容が発表されていた。また10月20日頃からは新規エントリーを中断していた。

2020年大会は、バーチャルレースの選択肢も用意することがこれまでに発表されている。12月開催の取り止めが決まったため、今後はバーチャルレース参加か翌年への振り替えなどが提案されるとみられる。

11/18追記:ホノルルマラソン・バーチャル・ビーチフェスの日本エントリー開始

公式ページ:「ホノルルマラソン2020」12月開催断念/延期検討のお知らせ

タグ: | 2020年10月23日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ