ハワイアン航空、日本でハワイ渡航のPCR検査予約代行サービス

[最終更新日:2021年06月03日]

※この記事は公開されてから3ヶ月が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

ホノルル空港
ホノルル空港

ハワイアン航空(HA)は、日本出発のハワイアン航空利用者を対象に、ハワイ渡航向けのPCR検査予約代行サービスを開始した。

JTBグループのJTBグローバルアシスタンス(JGA)と提携して予約サービスを提供するもので、ハワイ到着後の10日間隔離義務が免除される「事前検査プログラム」に対応する。

この予約サービスで利用できるハワイ州の指定医療機関は、開始時点で東京都内に4ヶ所(港区3ヶ所、千代田区1ヶ所)と大阪市内に2ヶ所。検査・証明書発行代金は、クリニックにより異なる。

ハワイアン航空便名の航空券予約がある場合、日本出発の6日前まで予約が可能。プログラムで対象となる検査は、ハワイ行き直行便の出発時刻からさかのぼって72時間以内に、州指定医療機関で受ける必要がある。

2021年6月2日(ハワイ時間)現在、ハワイ州では州外から到着するすべての人に、10日間の隔離義務を設けている。事前検査プログラムを利用することで、この隔離義務が免除される。

なお、事前検査プログラムの利用有無に関わらず、ハワイ州 “Safe Travels” システムへの旅行・健康情報のオンライン事前登録は必須となっている。

公式ページ:ハワイアン航空でハワイ州への航空券をご予約された方へ

タグ: , | 2021年6月3日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ