ハワイアン航空、マイルの有効期限を廃止

[最終更新日:2021年04月13日]

※この記事は公開されてから3ヶ月が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

ホノルル空港
ホノルル空港

ホノルルを拠点とするハワイアン航空(HA)は、マイレージプログラム「HawaiianMiles」のマイル有効期限を廃止した。

これまで HawaiianMiles でマイルの有効期限を延長するためには、18ヶ月以内にマイル口座での何かしらの増減を条件としていたが、今後はマイルの積算・使用実績がなくても獲得したマイルが維持される。

ハワイアン航空では、新型コロナウイルス感染症の影響で会員の渡航需要が減ることを考慮して、2020年3月から2020年12月31日までの期間に有効期限を迎えるマイルの失効を停止する措置をとっていたが、今後は無期限でマイルを保有することができる。

日本国内では、三井住友カードが発行する提携クレジットカード「ハワイアンエアラインズVISAカード」を用意しており、ショッピングでのマイル獲得やラウンジ利用券などの会員サービスや特典を提供している。

2021年4月現在、ハワイアン航空の日本発着路線は、成田=ホノルル線を週3往復、関西=ホノルル線を週1往復で継続。また、提携するJALが運航する羽田=ホノルル線をコードシェアしている。

公式ページ:ハワイアン航空、HawaiianMilesのマイル有効期限を廃止

2021年4月13日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ